指先に青が触れるまで

嗤うなよ
みっともなく手を伸ばしている横顔を
いつか空を掴もうと浮かせている踵を
食いしばっている口元を
震える指先に
いつかあの青が触れるだろうから