映画観たよ日記「トイ・ストーリー4」

久しぶりにディズニー映画を映画館で観る気がしていましたが、最後に観たのは「プーと大人になった僕」でした。

以下ネタバレ。というか、ずっと泣いてましたっていう話。いい大人が一人で。

トイ・ストーリーはリアルタイムで観ていた世代?なので、1や2の「アンディ」は自分の子供の頃と本当に同世代くらいで、3もだいたいそのくらいだったのかな。3はテレビで見たんですけれど、アンディが成長したっていう事実だけでなんか泣いちゃったんですよね。で、4。アンディいないし、あのフォーキーっていうのを助けてちゃんちゃん、なのかなって思ったらそんなに甘くなかった。ボーとかめちゃくちゃ懐かしい。あんなにたくましくなって……格好いい。ジェシーといい、なんだか女の子もすごく強いんですね。バズやハム、スリンキー、ポテトヘッド夫妻とよく見た顔もいてあぁ、なんかすごい懐かしいなと。ただ、一つ寂しいなと思ったのが、今回はボーとウッディがメインで、バズの相棒って感じがこれまでよりも薄かったこと。でも肝心なところはちゃんと発言してくれているのはよかった。思えば、2のときのウッディとバズの信頼している感じが頼もしくて見ていてわくわくしていたかも。

で、何をそんなにボロクソ泣いていたのか。自分でもよくわかっていないです。懐かしくて、多分寂しかったのかなぁ。「アンディとそのおもちゃたちの愉快な話」ではなくなった。自分の思い出の中にある、楽しくてわくわくする話から、別離の選択をする物語になってしまった、からなのかなと。変わりゆく子どもたちと、変わることのないおもちゃたちの時間の壁はなんともいえない切なさを持っていました。そして、自分もいつの間にかそんな変わってしまった子どもであったこと、おもちゃを捨てた大人になったこと。なんかそういういろんな思いが混ざって、過去のことを思い出させるシーンなんかで毎回泣いてました。子ども向けなのかもしれないけれど、あのとき子どもだった人たちが観るとささるものがありました。

あと、予告見ていたんですが、ピクサーの新作も面白そうでした。

原稿頑張ります。以上。